トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月29日 (月)

新しいデザイナー続々!

E5a0fbf562014bdf91be3b4561dbb494Acb5a08f9fd04def9c4d6f22153f3c7d_3                                                                               

                                              

                                                                        

MOOのデザイナーズコンテンツに新しいデザイナーが参加しました!

もともと人気だったララ・キャメロン(上左)やブランカ・ゴメス(上右)に加え、今回は世界各国から計15人のデザイナーが新しいイラストを提供しています。

とにかくどれも素敵!なのですが、このエントリーでは特にスーザン・ミッチェルシモーネ・リアチャド・コヴィーノを紹介します。

C2840e87f8ce44adb269c3dc50ee6f88 F84c01a1f1e94c658332abce0509f608_3 

                                               

                                              

                                              

                                                                                   

                           

スーザン(上)はスコットランド出身の童話画家。

学校で絵を教えていたスーザンは、あるときジプシーの占星術師に

「あなたは海を越えて、童話画家になる」

と予言され、その言葉どおりアーティストになり、カナダ人と結婚してカナダに移住したという、まるで童話を生きているようなイラストレーター。

子供だけでなく大人までうっとりするような、柔らかくかわいらしいデザインです。

温かみのあるイラストは、寒い冬にぴったりかもしれません。

51112b8fe9414fa087413da977c34d0f                                                                

                                             

                                             

                                        

                                              

                                                                                           

次に紹介するシモーネ・リア(上)はイギリス生まれのマルタ人。

(マルタは地中海に浮かぶ島国。イギリスとは歴史的に深い関係があります)

シモーネは漫画や本のイラスト等でも活躍しているようです。

数あるなかでも、特に目をひくのがウサギのイラスト!

fluffy(ふわふわ)という名前の、このいたずら好きのウサギは、見ているだけでも心が躍ります。

5a25f496e5744d38909376a8dc0c2da1_2                                                        

                                                               

                                                      

                                                         

                                                                                                           

                                             

                                                

                                              

                                               

雰囲気は変わってチャド・コヴィーノ(上)。

カナダのイラスト学校を卒業したこのアメリカ人のイラストレーターは、鮮やかな色使いと、ロウや版を使った独特の技術が魅力。

「僕のイラストは僕の性格と一緒。超活動的」

と宣言するチャドのエネルギーが、イラストから伝わってくるようです。

このほかにも、わくわくするようなイラストがいっぱいMOOに登場しました。

オフィスには彼らのイラストを印刷したカードが、所狭しとちらばっています。

そして日本のイラストレーターの方に朗報!

MOOは常に新しいイラストレーターを募集しています。

日本にも素晴らしいイラストレーターがいるはずと、MOOのスタッフとよく話しています。

もしMOOのデザイナーズコンテンツに関心のあるイラストレーターの方がいらっしゃいましたら、是非rui@moo.com までご連絡ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

フムスと国際都市

1098127039_7c2a94bd83

                                             

                                           

                                           

                                                                                                  

                                          

                                                                                                                                                         MOOオフィスは毎週金曜、スタッフ全員でランチを取ります。

ここで各部署ごとに一週間の報告をするのです。

スタッフ協議の結果、今週のランチはフムスと絞りたてジュースに決定!

フムスとはヒヨコマメをすりつぶしたものに、レモン汁、すりゴマ、オリーブ油、にんにくを加え、塩で少々味付けしてからペースト状にしたもの。

ギリシアのような南ヨーロッパの国々から中東まで広く親しまれる、伝統的な料理です。

豆と野菜たっぷりのヘルシーな料理はとてもおいしかった!

スタッフ全員「またこのお店に頼もう」と全会一致でランチを終えました。

しかし、ここで「なんでイギリスで中東の料理?」とお思いの方もいらっしゃるのでは?

けれどそれが国際都市ロンドンの、そしてまたMOOの魅力でもあると私は思っています。

ロンドンは多文化都市。

道を歩けば聞いたこともない言葉を耳にし、レストランに飛び込めば見たこともない料理が出されることもしばしば。

一歩路地を入ると、「ここは本当にヨーロッパなのか?」と目を疑うような、異国情緒漂う風景に出くわします。

インド料理の鼻をつくスパイスの香り、中華街を彩る真っ赤な提灯、アフリカ系の人々の話すリズミカルな言葉の響き。

ロンドンで暮らすことは、こういった異なる人たちとのふれあいが、日常の一部になることです。

これは街の開放感と、そしてMOOオフィスの風通しのいい雰囲気につながっています。

MOOスタッフの経歴や人種もいろいろ。

しかし慣習や背景ににとらわれず、いいものはいい、と素直に称える。

だからこそ、世界143カ国で受け入れられるような、MOOミニカードのような製品が出来上がったに違いありません。

(フムスの写真はflickrsuperhuaさんより頂きました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

MOOのオフィス

6a00d09e660961be2b00d4142e2df1685_2                                            

                                     

                                       

                                      

                                          

                                             6a00d09e660961be2b00d414324da36a475

                                    

                                        

                                      

                               

                                                                                    

MOOのオフィスはロンドンの東、エンジェルの近くに位置しています。

東ロンドンは現在開発が進み、今はトレンド発信地区として最先端のビジネスが軒をつらねる活気のある地域です。

特にこのエンジェルは、かつてトニー・ブレアも住んでいたこともあるという、トレンドエリアながら高級感も漂う地区。

同じローズベリー通り沿いには世界的に有名なサドラーズ・ウェールズという劇場もあるので、それでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

オフィスからほんの数件先に印刷工場、そして歩いて50メートルもしないところにマウントプレザントという巨大な郵便集配所があり、この小さな地域で、MOOはカードの注文受付、印刷から配送まで全てをこなしています。

MOOにとって、全ての作業をひとつの場所でおこなうのはとても大切なことです。

それによって現場と密にコミュニケーションがとれ、品質を保つことができるからです。

MOOは、ミニカードを単なるネットビジネスの一環ではなく、500年以上前からヨーロッパに続く印刷業のひとつとして考えており、印刷機のすぐ脇で日々の仕事をこなすことを、とても誇りに思っています。

MOOのオフィスはとても快適!

日あたりいい広々としたスペースに、いくつものパソコンのスクリーンが立ち並び、スタッフが話しあう声やキーボードを叩く音が響き渡っています。

いつも私がオフィスに着いて幸せだと思うのは、こののびのびとした雰囲気。

ここでなら、ミニカードのようなわくわくするアイデアがいくらでも飛び出してきそうな気がします。

我らが社長、リチャード・モロスとその仲間たち(!)の様子は、Flickrの写真からどうぞ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

トップページ | 2007年11月 »