« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月30日 (金)

MOOカードの使い方

まず、今日はお詫びから。

28日夜から29日にかけてMOOのサイトに大規模なシステム不調がありました。

アクセス頂いた皆様、大変申し訳ございません。

現在システムは復旧しておりますが、オーダー等で不安がある方がいらっしゃいましたら、カスタマーサポートか私まで連絡頂ければ幸いです。

話題は変わって、27日の午後にクリスマス関係のオーダーで大忙しの印刷工場を手伝いに行って来ました。

私に割り当てられたのは、ミニカードの箱詰め作業。

印刷されたカードを白い箱に詰め、帯をはめていく仕事です。

実際に世界からのオーダーを目の当たりにすると、オフィスにいるのとは違った様々な発見があります。

特にミニカードは用途が多岐に渡っていて、「MOOミニカード=名刺」というイメージが強かった私には、とても勉強になりました。

今日は作業中に見つけた、いくつかの発見を報告します。

その1.結婚式にまつわるオーダーがすごく多い

Wedding

                                                                                                                         

                                     

                                      

                                           

                                      

                                       

                                                   

結婚式後に配るのだと思います。

新郎新婦の幸せいっぱいの写真を、Thank Youのマークと共にカードに記した注文を、たくさん見かけました。

結婚式後に参加できなかった人に配るのか、またはお礼のプレゼントに添えるのかもしれません。

また、披露宴の名札代わりにするのでしょうか。

テキストカードに一枚一枚名前を変えて印刷したもの複数発見。

(残念ながら、現在テキストカードは日本語対応していませんが、、、)

2.アクセサリーや手芸作品のカードのオーダーも多い

Craft

                                            

                                       

                                     

                                       

                                             

                                                                                                                                                                             

手芸コミュニティとMOOの関係は知っていたけれど、同様にアクセサリー作りが好きな人にも人気があるようです。

ヨーロッパからのオーダーでは、ビーズの光るネックレスやピアスの写真が多数。

ミニカードにすれば、なんだかお店の陳列棚に並んでいる商品のようで、素敵です。

3.クリスマス関係のオーダー多し

クリスマスカードはグリーティングカード関連の注文が多いんじゃないかな、と思っていたら、意外とミニカードの注文も多かったので驚きました。

特に人気なのがスーザン・ミッチェル。                                                    

Noel_2Noel    

           

        

       

           

         

          

         

                          

クリスマスパーティーで配るのかもしれません。

名前とメッセージ入りのものが多数。

いくつかのものはウラが白紙になっていて、多分カードに貼り付けてクリスマスカードにするのだと思います。

4.赤ちゃんの写真の注文も多い

カワイイ、と叫びたくなるような、赤ちゃんの写真もいっぱい。

New_baby                                         

                                                                        

                             

                                

                                  

                                 

                                         

出産祝いのお返事でしょうか。

これもメッセージが添えられているものが多数。

5.注文は本当に全世界から!

「MOOの利用者は世界140ヶ国以上に上る」というのは知っていましたが、実際にそれを目の当たりにすると壮観です。

アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、アジア、アフリカと、MOOの利用者は全世界各国にわたります。

中国からの注文を処理したと思ったら、次はイタリア。

その次はブラジル、そのまた次はカナダ、といった具合に、ほんの10分注文を処理しているだけで、で5大陸を簡単にカバーできそう。                            

印刷工場での半日は、慣れない反面すこし疲れましたが、とても面白かったです。                                                             

                                     

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

クリスマスカード企画、終了間近

Flickrで行われているクリスマスカード企画(Super Duper Holiday Card Competition)の締め切りがあと4日に迫ってきました。

(Super Duper Holiday Card Competitionの詳細については、過去のエントリーをご覧ください)

12月1日の締め切りを目前に、現在応募総数は現在3196。

世界から続々と集まってくるクリスマスカードのデザインは、クリスマス雰囲気満点のものから、あっと驚くようなアイデア満載のものまで様々です。

今回は独断と偏見で、私が個人的に気に入っているものをピックアップしてみました。

まずは正統派の写真から。

madflowrさんのカードは可愛いハリネズミ。

Hedgehogs

                                            

                                        

                                        

                                        

                                         

                                      

                                                                                                                          

carubaさん、金色のオーナメントがクリスマスの雰囲気満点です。

Caruba

                                    

                                  

                                   

                                 

                                   

                                   

 

カナダのPeter Bowersさん、光と影のコントラストが見事に決まっています。                                 

Peter_bowers2_2

                                     

                                     

                                         

                                      

                             

                                                           

Carolyne Colesさんのデザインも素敵。

Carolyn_coles

                                                                               

                                       

                                        

                                        

                                       

                                           

思いがけないアイデアで意表をつくものも多数。

こちらは、ロンドン出身のdaveknapikeさん。

ストリートアートでクリスマスを祝おうという趣向。

Merryの部分も誰かにちゃんと付け加えられています。

Xmas

                                        

                                         

                                       

                                      

                                        

                                          

                                                                                           社会のクリスマスに対する資本主義的態度に批判的なSteve Rhodesさん。

実はこれ、最も売れているカードデザインのひとつです。

Christmas_capitalist

                                         

                                       

                                         

                                             

                                       

                                         

この企画を通じて購入されたグリーティングカードの売り上げは、一枚につき1ドル、チャリティー団体であるMSF(Medecins sans Flontieres)に寄付されることになっています。

デザイン募集は12月1日で終了ですが、12月20日までMOOを通じてこれらの写真のクリスマスカードを購入することができます。

カードが手に入るだけでなく、社会にも貢献することのできるクリスマスカード企画、皆さんも参加されてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月23日 (金)

カードホルダーを飾りつけ

Cimg5546_3Cimg5552_2               

     

  

 

 

 

皮製、フェルト製と発売されたMOOのカードホルダーですが、今度はプラスチックのケースを発売予定。

その試用見本が届いたので、昨晩オフィスでは新作を囲んでのおしゃべり、兼、試用会が開かれました。

スタッフ数人が中央のデスクに集合。

ケースが1つずつ配られ、カチャカチャという、ケースのフリップを開けたり閉めたりするリズミカルな音がフロアに響きます。

「ふーん、いいじゃない」

とか

「ミニカードが何枚入るんだろう」

とかスタッフが語り合っている間、リチャードがデスクに戻って何かごそごそ探している、、、と思ったら。

彼が持ち出したのはラインストーン!!!

リチャードは最近東京へ出張に行ったばかりなのですが、日本でラインストーンを買って来ていたのです。

スタッフの目が一瞬にして光り、MOOのオフィスは突然デコ電、ならぬ、デコMOO製作工場に変身。

完璧主義のリチャードは定規まで持ち出し、幅を計ってからラインストーンを貼り始める始末。

一番上手だったのは、手芸が趣味のジョイ。(そう、上の写真で教えているのもジョイ)

白黒のキラキラが可愛いです。

このプラスチックのホルダー、飾りがいもあるし、早く発売になるといいかもしれないけれど、、、いつになるんだろう。

そうそう、発売と開始にいくつかの色が即完売になったMOOのミニカードケースですが、フェルト製はまだ少々在庫があるようです。

(フェルト製のケース、ベルギーでおばあさん達が手作りで縫っているんだと今日知りました)

お求めの方はお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

手芸の世界とMOO

Ballerinabunny Marnie_3MOOオフィスにいて楽しいのは、世界中の素敵なMOOファンと知りあいになれること。

英国手芸界の有名人、ジュリーもそのひとり。

9歳から毛糸を編んでいたというジュリーは、グラフィックデザイナー、イラストレーターという経験を経て、今は2人の小さな子供のお母さん。

空いた時間を見つけては毛糸を編んで、お人形を作っているそうです。

彼女のブログ、LittleCottonRabbits(ちっちゃな毛糸うさぎ)では、彼女の作るとびきり可愛いお人形の紹介をしています。 

春の日差しのような、陰りのない笑みを浮かべているお人形は、作者の繊細で暖かい人柄を反映しているよう。

丹精な編み目と的確な色使いからは、アーティストとしての高い技術が伺えます。

また、人形ひとつひとつに名前がついており(例えば、上のお猿さんはマーニー)、性格と物語を想像するだけでも楽しい時間が過ごせそうです。

Postcards_12 New_moo_two_6

                           

               

         

         

         

実はジュリー、MOOの長くからのファンでもあります。

お人形の写真を取って、MOOでポストカードやミニカードを作り、お友達や手芸仲間に配っているそう。

最近はバレリーナうさぎの写真で、MOOのホリデーカードキャンペーンにも参加してくれました。

先週アメリカのクラフトサイト、Etsyと提携を結んだばかりのMOOですが、日本の手芸ファンもMOOを通じて世界に仲間を広げてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

MOO、ロフトワークと提携開始!

3d92fc9db5004109bd9756fe0012d973_2 E04285ee7d834e6f8e49499d1104ec7b_3                                   

 

 

                                         

                                     

                                       

               

MOOロフトワークと提携を始めました。

ロフトワークという名前の日本の企業から、計18人のイラストレーターがMOOに参加するのです。

ロフトワークは8000以上のイラストレーターが参加する、日本の製作代理店、兼、クリエーターコミュニティ。

企業というだけでなくクリエイティブ・コモンズという新しいスタイルの著作権の活動にも関わっており、様々なかたちで日本のクリエーターとクライアントの関係を活性化させている団体です。

『細うで繁盛記』というブログもされているCEOの林千晶さんは、活動的で魅力的な女性。

林さんは今年の6月にクロアチアで行われたiCommonsの基調講演もされていて、日本のIT業界とアート業界の最先端を担う方です。

このiCommonsの会議で、林さんとMOOのスタッフのキムと出会ったのか今回の提携のきっかけ。

ロフトワークとMOO、クリエイティブで勢いのある企業ということで両者とも一致していて、提携の話を聞いたときにも「いい組み合わせ!」と即座に思ったものでした。

feebee(画像上)、カワイミナさん(画像下)さん等々、送られてくるイラストがまた素敵で、こんな楽しい日本のイラストが世界のMOOユーザーに愛されたら嬉しいな、と思っています。

このプロジェクトの責任者のキムは、私の正面のデスク。

時折ロフトワークから送られてくるイラストを眺めては

「カワイイ!」

とか

「うーん、これはいい」

叫んでいます。

ロフトワークとMOOのコラボ、これからどうなるのか、とても楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月 9日 (金)

VOXと英語とアメリカのテレビ

ロンドンはもう完全に冬!

ここは暖かくていいけど、寒くて暗い帰り道はちょっといやだなあ、と、暖房の効いたオフィスから窓を眺めて考えています。

今日は3つ、ウェブサイトを紹介します。

MOOのパートナーであるVOXが、MOOについて記事を書いてくれました。

VOXは今年のWeb of the yearにもノミネートされた、世界でも最も勢いのあるサイトのひとつです。

さすが、パートナーだけあってMOOに関する説明が的確!

今年のweb of the year、是非がんばって欲しいと思います。

私も一票投じて来ました。

二つ目はKo:Kiさんのブログ、Innner Child Triumphsより、MOOの公式サイトの英語に関する説明記事です。(http://innerchild.jp/2007/03/02-034809.php

MOOは英語で使いづらい、というメールを頂き、MOOも日本語に対応中なのですが、やはり全て日本語化するのは時間がかかります。

Ko:kiさんのブログの説明は画像がふんだんで分かり易く、迷わずにMOOのミニカードを手に入れることができます。

InnerChild Triumphsなんて、ブログのタイトルも素敵!

それでも不明な点がある方、是非ご遠慮なくブログへコメントを残すか、rui@moo.com へメッセージをいただければ幸いです。

(外国語で何かを注文するって不安なものですよね!)

三つ目はMOOのCEO、リチャード出演したがアメリカのテレビ番組のウェブサイト。

こちらのリンクから番組を見ることができます。

http://gigaom.com/2007/10/28/the-gigaom-show-episode-14-chat-with-moo-cards/

本人の目の前で、女性スタッフは

「本人よりテレビのほうがいい」

「あの黒いシャツが良かったんじゃない?」

と言いたい放題!

世界共通、やっぱり女性は強いのよね、と女性スタッフを眺めながら思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

ロンドン、冬とクリスマスカード企画

Dscf0429_2_6

                                    

                                      

                                       

                                   

                                              

                                       

                          

ロンドンについに冬が到来しました。

ロンドンの冬は早くやって来て、長く、暗い!

外も4時過ぎから暗くなり始め、6時になると闇の世界。

現在夕方4時半ですが、オフィスの窓からは、すでに黒に近い濃紺の空と、こうこうと光る正面のビルの蛍光灯の光が見えます。

今日は特に寒さが身を切るようで、ぶ厚い冬物コートを着たひとと何度も道をすれ違いました。

しかしこれはまだいいほう!

もっと冬が深まると、午後3時からもうすっかり暗くなり始めるのです。

この湿気のない乾いた寒さは、骨までしみこむようで、私はセーター、ブーツに長いコートの完全装備でオフィスに到着しました。

イギリスで有名なパブとビールの文化は、この暗くて長い冬をしのぐために発達したのではないかと疑ってしまったりも。

こんな暗くて長い冬、お祭り騒ぎがないとやっていけない、ということで、MOOflickrでお祭りを企画!

その名もMOOスーパーデューパーホリデーカードコンペティション

参加方法は簡単。

Flickrに写真をアップロード。

その写真をMOOクリスマスグループプールに加えるだけ。

一番売れた写真、優れた写真、優れたデザイン、一番ユーモラスなものにそれぞれ2000ドル送られるという、賞金つきの企画です。

ほかの人がアップロードした写真で、自分だけのクリスマスカードを作ることもできます。

また、この企画を通じて購入されたクリスマスカードは、一枚につき1ドル、チャリティー団体であるMedecins Sans Frontieresに寄付されます。

デザイン投稿の期限は12月1日までなので、写真に腕に覚えのある方、是非是非ふるってご参加ください。

オフィスでは、写真マニアのスタッフでもうなるような力作から(MOOオフィスには写真好きが多いのです)、爆笑モノのユーモラスなものまで、わくわくして世界からの投稿を眺めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

MOOと日本

MOOと日本には意外な関係がある、というのは、MOOのオフィスで働き始めて始めて知ったことでした。

9edb6523c4e44caeb1042ac4e448e139

                                                         

                                                        

                                                       

                                                                   まずララ・キャメロンのデザイン。

数いるMOOのイラストレーターの中でも、ララは一番人気のデザイナーです。

ララのデザインは、日本の布地の柄にインスパイアされたという、どこか懐かしいもの。

例えば上の柄のタイトルは盆栽。(しかしなぜかbonzaiという綴りなっているのが気になる!)

この、どこか日本風のデザインが、世界のMOOユーザーから支持されているのは、わたしには嬉しい驚きでした。

そして新しいMOOミニカードケース

Leather_minicard_holders

                                              

                                               

                                          Fluffy_minicard_holders_2                                                 

                                               

                                                                                                                

                                                                      日本のMOOユーザーはフリスクでケースを作っているらしい、というのは、MOOスタッフも前々から気づいていたことなのですが、今度はMOOが独自のケースを発売することになりました。

スタッフ検討の結果、できあがったのはフェルト製と皮製の2種類。

どちらもカラフルで本当にかわいい!

実はこの皮製のほうのMOOカードケース、小泉製作所(COBU)という日本の会社が作っているものなのです。

始めてオフィスで見せられたときは、日本の革製品がロンドンに上陸していることに、「よくやった」とほくそえんだものでした。

赤茶の箱には、ウサギがミシンを踏んでいるデザインが印刷してあって、これもすごくオシャレ。

ほかにも、日本語を勉強しているスタッフがいたりと、MOOは意外と日本とつながっているんだと実感します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »